C.E〜C次元・Entertainment〜

全てはC次元の世界へ

【行ってみる】サウナー道 Vo5-ウェルビー今池で至上最高にととのった件に関して-

今年は2回、名古屋に行った。

(来年は3回の予定である)

 

1度目は春。これは仕事も兼ねていたが、

サウナーの中でも有名なウェルビー栄に行った。

 

ここで初めてロウリュを経験する。

 

そして、2度目は先月の中旬だった。

「ウェルビー栄も良いけど、ウェルビー今池はもっと凄いぜ」

という噂を確かめたく名古屋へ向かった。

 

今回の目的はただひとつ。

【ウェルビー今池でどれだけととのえるか】

これだけである。

 

名古屋に着き、洗脳された様に今池に向かう。

 

基本は栄〜大須あたりをブラブラしているので

今池という場所は初めて行った。

 

最後の晩餐に食べたいメニュー1位の

スガキヤを堪能した後、さっそくウェルビー今池に向かう。

 

何故、こんなに早く行くのか。

 

15時からの女性インストラクターによる

サウナヨガに間に合わす為である。

 

すると、見えて来た。

ウェルビー通りが。

 

f:id:c_entertainment:20171002155531j:plain

 

こんな通りがある所にウェルビー・グループの力を感じる。

更に歩くと、入り口が見えて来た。

 

f:id:c_entertainment:20171002160219j:plain

 

早速、中に入り、受付を済ます。

 

浴室へ向かい、館内着を脱ぎ(入り口に麦茶が置いてある)

快楽の扉を開く。

 

そこには美しい光景が広がっていた。

ジャグジー、日替わり湯、ドライサウナ、冷凍サウナ、水風呂。

外には露天風呂もあるようだ。

 

落ち着く。これを味わう為に数百キロの道のりを来たのだ。

即、サウナヨガが始まった。

 

インストラクターの女性の誘導に合わせ、目を閉じ、

足を組んだり、手を組んだり、片足で立ったりする

男達。平日の15時である。

 

サウナでヨガというのは中々面白い体験だった。

(この数分後、もう一度、参加した)

 

ロウリュの時間帯を確認し、まずは身体や髪を洗う。

ロウリュは大体、1時間に1回ペースだった。

 

ウェルビー栄で初ロウリュをした時のとてつもない熱さには

驚いたが、ここ今池のロウリュも中々熱い。

 

だが、この5ヶ月の間にその他入浴施設で修行してきたので

耐久力は出来た様に感じた。

 

水風呂は14℃。中々の強敵である。

約1分ほど入り、外へ移動する。

 

そこには露天風呂と、噂のからふろがあった。

一人で出来るセルフ・ロウリュというやつである。

 

椅子に座り、休憩する。

 

サウナに入る為だけに名古屋まで来る。

端から見れば、おかしいのかも知れない。

 

でも、良いのだ。オレにとってサウナはもう

戦友でもあり、親友でもあり、人生の一部なのである。

 

目を閉じそんな事を考えていた。

 

この後、ロウリュに何度も参加し、調子に乗りすぎたのか、

1時間ほど、椅子で気を失ってしまったw

 

日替わり湯は確かコスモスとかだったと思うけど、

ピンク色の綺麗な湯だった。(翌日はトウモロコシの湯でイエローだった)

 

そうだ、からふろの存在も忘れては行けない。

 

畳2枚ほどの空間にサウナ石があり、薬草的な

モノが入った水の壷があり、それをかける。

 

茶道室とかに入った感覚に似ている。

世の中と遮断し、自分を振り返る。

 

修行僧になった気分だった。これは面白いと思う。

 

館内着を着て、リクライニングシートに横になると

やはり、長旅の疲れとテンションを上げすぎたのもあり、

数時間爆睡してしまう。

 

起きて、着替えると急いで今池の街へ出た。

もう一つ、来た理由があったのだ。

 

ミュージシャン、劇団関係者がほぼ必ず打ち上げに

使うという台湾ラーメンでお馴染みの【味仙今池本店】

に行く事だ。

 

名古屋飯と呼ばれるモノは全て食べて来たが、台湾ラーメンだけ

はまだなかった。オレは早速店内に入り、台湾ラーメンを頼む。

 

f:id:c_entertainment:20171002162032j:plain

 

味は思ったより辛くなかった。麺のコシもあり、凄く美味しかった。

ちなみにこれと一緒に頼んだ手羽先が死ぬ程美味かった。

もはや、世界の山ちゃんレベルではない。ひっくり返る美味さだった。

 

ウェルビー今池に戻り、またサウナを味わう。

夜空を見上げながらの外気浴は至福のひとときだ。

 

館内をウロウロし、漫画を読み、なんと、受付で

あの廃刊になってしまったサウナー伝説の雑誌

【Saunner】を見つけ発狂し、即購入する。

 

カプセルに入り、眠る。冷房も効いてて良かった。

 

朝起きて、朝食バイキングを食べ、サウナに入る。

早朝ロウリュも勿論参加する。

 

チェック・アウトギリギリまで畳の漫画ルームで過ごし、

名残惜しいが、ウェルビー今池を後にする。

 

素晴らしかった。

 

アメニティの補充、麦茶の補充、レストランの味、

清潔さ、合理的な建物の仕組み。スタッフの方の努力に

感服した。

 

ウェルビー栄も最高だが、この今池は凄い。

スカイスパYOKOHAMAと張り合える最高のサウナ施設だった。

 

その日の夕方、名古屋を後にした。

ととのった。来年、また今池に上陸出来る日が楽しみで仕方ない。

 

www.wellbe.co.jp