C.E〜C次元・Entertainment〜

全てはC次元の世界へ

【言ってみる】てるみくらぶの破産申請に見る経営学と消費者の意識改革を考えてみる

旅行業者<てるみくらぶ>が破産申請をした事で

約9万人の方が被害にあわれ、そのお気持ちを

考えると僕も大変憤りを感じます。

 

旅行が好きな人間としては、出来る限り安く行きたいという

気持ちはまさにそうで、でも、こういう事があると、果たして

安すぎる会社を信用していいのか??という課題が新たに立ち上がって

しまい、旅行を楽しむどころではないなと。

 

しかし、現在渡航中の方への

自力で何とかして下さい】はさすがに勝手すぎますね。

 

f:id:c_entertainment:20170331163514j:plain

 

幕引きがそれで良いのか??と。

 

「ワタシの私財を全てはたいてでも、全てのお客様に謝罪します」

の一言が何故、言えないのか。

 

典型的な<偉そうな社長>の一例だなと思います。

 

山田千賀子容疑者(この呼び方で良いと思います。これは詐欺です)

はこの先、この業界に戻る事は出来ないでしょうが、遊んで暮らせる

金をどこかに隠してそうな気もしますし、3.11の時、原発問題後

数億円の退職金を手にして辞めた某社長(東京電力という最低の電力会社)

みたいに逃げそうですね。

 

お金は怖いです。人格を変えてしまう。

 

特に儲けるという思考というのは、上限がなく

調子に乗ってしまうと、もっと、もっと、となるのは

覚醒剤とかの依存薬物と同じですね。

 

後戻りも出来ないですしね。

 

数年前から赤字化していたと言いますが、

シニア向けに新聞広告を打ち出したり、それで広告費は払えなくなり

結果的にお客さんから現金を取って、会社を回すという最悪なループに

ハマっていったわけです。

 

僕はここの部分に<この人、経営の才能ないな>と感じます。

 

そもそも、シニア向けに広告を打つって時代を読めてない人が

やる事なんですよね。普通、逆の事を考えませんか??

 

後は、ネットの仕組みを理解出来てない人間の典型例w

<パソコンなんか分からない!>という代表取締役は多いです。

 

しかも、そういうヤツのが給料が多く、ネットやPCを理解している

若い人の給料が少ないっていうのは、どう考えてもオカシイでしょう。

 

日本の年功序列というクダラナイ仕組みにも言えますが。

 

この人が時代をもっと読めて、ネットを理解する努力が

出来れば、こんな事にはならなかったと思います。

 

しかし、消費者側にも今回出来た課題があります。

 

ここから書く事は今回の詐欺事件に巻き込まれた人を叩くわけでは

ありません。<常識>という事をもっと疑いませんか?という案です。

そこをご理解下さい。

 

①親孝行なんかしなくていい。

 

親と一緒に旅行に行く為、多額を振込み巻き込まれた方がいました。

根底にあるのは<親孝行>という概念。

 

新卒で入社し、その最初の給料で親にプレゼントを贈る人もいますが

何故、そこまで親を大事にするのか??と僕は思ってしまいます。

 

確かに僕も感謝はしています。

それは今まで色々サポートしてきてもらったし、

いつか、恩は返したいとも思います。

 

しかし、その親孝行という概念ってもっとミニマムで良いと思うんですよ。

 

別に自分の好きな文庫本を一冊、母の日や父の日に

贈ったり、好きなウイスキー父親に渡したり、外食代を出したり。

 

更に言えば、メールでありがとうの一言を言うだけでもいいわけです。

 

何故か、親側は<面倒見てきたんだから、恩を返せ>と言い。

子供は<育ててもらったんだから、無理してでも恩を返さないと>

って思う。

 

子供は親を選べないわけです。

 

親孝行する気持ちは大事かと思いますが、そこを<自分が出来る範囲>

で、もっと考えていいと思う。無理してハワイとかに連れていく必要は

ないわけです。

 

仮にそういう過剰な事を親が要求してくるなら、そんな親とは縁を切っていい。

 

こういう概念のループの危険性は、その子供が親になった時、

自分の子供に対してもまたそういう事を言うんです。

 

虐待されていた人が親になったら、自分の子供を虐待するのと同じですね。

 

②結婚式を海外で挙げる意味

 

僕は経験がありませんが、なんで、結婚式を海外で挙げるのか

その思考自体、理解が出来ない。

 

はっきり言って参列する方も迷惑なんですよ。

多分、僕が参列者なら、「仕事があるので」とか適当な事を

言って行かないと思います。

 

何百万もかけて、しかも、飛行機とかで遠くまで行って

挙げるなんて、疲れるだけな気がしますけどね。

 

それなら、周りの友達に手伝ってもらうフェス感覚な結婚式

を挙げたり、あれなら、カフェとかで結婚パーティーをやっても

いいわけです。(実際これは僕の友達がそうでした、素晴らしいパーティーでした)

 

人生に一度切りというプレミア感があるからだと思いますが、

一度かどうかなんて分からないじゃないですかw

 

結婚する人より離婚する人のが多いわけですから。

 

これも親孝行と同じですが、楽しんでやってるなら良いですけど、

やはりやれる範囲で<面白い>結婚式をするならして欲しいなと思います。

 

僕自身、結婚という制度自体に反対派なので、特に女性の方には

理解してもらえない考えかもしれませんが。

 

③安心はもう何処にもない。ネットワークを広げる。

 

旅行会社を何故、利用するかというと安いっていうのもありますが

一番は<安心>を手に入れるという事ですよね。後は色々やってくれて

楽ですし。

 

でも、今回、こういう事が起こると、その安心っていうのは

実は<勘違い>だったという事が分かるわけです。

 

そこをもっと考えていかないとなと僕も思いました。

 

会社にいてもいつ潰れるか分からない、家をローンで買っても

直下型地震が来るかもしれない、旅行会社にプランを任せて振り込んでも

その会社自体が破産するかもしれない(これこそ今回の出来事ですね)

 

この国に安全な場所や出来事はない時代なんだなと確信しました。

 

後は、ネットワークですね。

海外に友達がいれば、最悪泊めてもらえるだろうし。

そういう行動はどんどんしていきたいなぁと。

 

ともあれ、山田社長にはちゃんと、誠意を見せて欲しいですね。

このまま行くと、誰かに刺されたりする可能性もある。

そのくらいのレベルの事を今回したわけですから。

 

一応、会見映像を貼っておきます。

旅行会社の仕組みがリアルに分かる映像になってます。

 

明日から4月。こういうニュースはこりごりですね。

 

www.youtube.com