読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C.E〜C次元・Entertainment〜

全てはC次元の世界へ

【行ってみる】キャラメル☆リボン・両国ワンマンと2027年の<再会の日>までしばしの別れ

昨日はキャラメル☆リボン

東京ラストワンマンへ行ってきました。

 

f:id:c_entertainment:20170320155235j:plain

 

晴れた空。近くの公園には既に

多くのキャラメラー(キャラメル☆リボンファン名称)

がいまして、僕も寄せ書きを書かせてもらいました。

 

両国に初めて降り立ちましたが、ワタクシの尊敬している

浅倉大介氏は先月同じハコでクラブイベントを開催しておりました。

 

入り口には開催祝いの花。

 

f:id:c_entertainment:20170320155446j:plain

 

入場時には、あまちゃん(上野天音)と聖奈(深田聖奈)ちゃんの姿が。

 

記念品を渡してくれました。(下に画像載せますので、しばらく記事に

お付き合い下さい)

 

会場に入ると、最初に東京でライブをやった際の映像がスクリーン

に流れていました。さすがに3人共若い。

 

11:30過ぎよりライブスタート。

正直、いよいよ最後が来てしまった感が多少あったのですが

 

【なにわ食いしんぼ横丁】のイントロで全て吹き飛んだ。

 

www.youtube.com

 

本当に素晴らしい楽曲。

 

NYのビレッジ・バンガードとかでも

かけれる【クオリティー】なんじゃないかと思います。

 

その後、ファースト・シークレット。

 

www.youtube.com

 

星空と雲。

 

www.youtube.com

 

虹色。

 

www.youtube.com

 

名曲の数々が次々に披露されました!!!

 

本当にこれ、90年代だったら爆発的な枚数を

出せる曲が多々あり、きっと彼女達も普通に武道館とか

やってる存在だったと思います。

 

MCではこれまでの9年間(旧メンバー期間もいれると11年!)

を振り返ったり、ラストは涙もあったり。

 

でも、終始、ラストライブというしんみりした空気ではなく

明るい、爆笑に継ぐ、爆笑の連続なライブでしたw

 

本当に吉本とか入れるんじゃないか??

ってレベルでMCが面白い。

 

僕が期待した通り、そして、それ以上の素晴らしいライブだった。

 

本来であれば、昨夜このレポを上げたかったが、

やはり、僕も僕なりに彼女達に思い入れがあるので

昨日はライブ後は若干、感傷的な気分でもいたのですが

 

今思うのは、これはハッピーエンドだったんだなという事。

 

あまちゃんK-POP歌手

葵ちゃんは女優

聖奈ちゃんは芸能引退(なのかな??)

 

とそれぞれに旅立っていくハッピーエンドでした。

映画のエンドロールが流れ、客電が付いたのです。

 

キャラメル☆リボンというハコから出て、僕等も僕等で

旅立っていかないといけない。

 

まぁ、それは切なくもなりますね。

 

でも、本当にいい空気のワンマンだったし、パフォーマンスも

MCも今までの最高得点獲得でした。

 

MCで発表された

 

10年後にまた逢いましょうライブ

 

何と言うか、10年後なんか想像も出来ませんですが

(だって、今から10年前にこんな世の中になるなんて想像出来なかったみたいに)

それでも、結構、楽しみでもあります。

 

2027年のキャラメル☆リボンとの再会まで

何とかして生きていきたいなと思います。

 

葵ちゃんは朝ドラや三谷幸喜作品に出演してる

超有名女優になってるかも知れない。

 

聖奈ちゃんは美人だし、優しそうだから

結婚してるかもなぁ。起業して美人女社長とかに

なって欲しいですけどねw

 

あまちゃんは韓国に家とか建ててるんじゃないですかねw

 

僕は2014年から3年間、この3人を追ってきましたが、

彼女達はアイドルじゃない。

 

そんな枠にはまらない

ガールズ・ダンス・ユニット

だったんだなと改めて感じます。

 

3人に素晴らしい未来が待っています様に。

そして、本当にありがとう!

 

2027年、また会える日を楽しみにしています!

3/26まで走り続けてね!!!

 

☆入場特典!凄くしっかりしたファイルです!

 

f:id:c_entertainment:20170320162128j:plain

 

c-entertainment.hatenablog.com

 

c-entertainment.hatenablog.com

 

twitter.com