C.E〜C次元・Entertainment〜

全てはC次元の世界へ

【言ってみる】好きか嫌いが言う時間〜フリーライターは何故、叩かれたのか??そして、生活保護とベーシックインカム理論〜

観ていて考えさせられる動画あったので、

それについて、今日は生活保護ベーシックインカムの話です。

f:id:c_entertainment:20170313132400j:plain

<好きか嫌いか言う時間>という番組で

生活保護に関して取り上げられました。

 

芸能人、生活保護受給者、CW(ケースワーカー

、一般の代弁者的な日本人と他の国の人達。

 

色々な意見が飛び交ってましたが、

中でも、現在生活保護を受けながら、フリーライター

をしている男性がかなり叩かれるという事態が起こりました。

 

<叩く側>

 

フリーライターとして収入があるのに、生活保護を受けているのは

不正受給じゃないのか??

☆意図的に計算して生活保護を受けているんじゃないのか??

☆何故、働けるのに、働かないのか??

 

<守る側>

 

★収入申告をしているので、不正受給ではない

生活保護の審査基準を高くすれば、収入が少ない人に余計行き渡らなくなる

 

フリーライター本人>

 

生活保護は簡単に申請して受けられる、そうそう簡単に廃止にはならない

■自分は収入申告をしている。俺が悪いっていうのなら、制度自体がオカシイ

フリーライターをしたいから受けている

■しかし、後ろめたさのようなモノはある

 

まぁ、概要はこんな感じでしたが、

僕個人の考えを書くとするなら、基本、フリーライターの人

の意見に同意です。

 

特に<フリーライターをしたいから

という部分は重要でしょう。

 

そして、この話をする前にまず、先に書かないといけないのは、

このライターの方は不正受給とは全く無縁だという事です。

 

坂上忍は<それって不正受給って事ですよね?>や

<グレーゾーンな人>と言ってましたが、前回ブログで

書いた清水富美加さんの件での<芸能界ってそういう所だから>

に続き、非常に失望しましたね。

 

番組MCやる前にもっと勉強とかしたらどうですかね。

 

この人はもはや男版・和田アキ子的な位置を狙っているらしく

本当にただの説教する年寄りになってしまったのが残念極まりないです。

 

c-entertainment.hatenablog.com

 

というか、生活保護ってものをちゃんと理解してるとグレーゾーン

なんて言葉出てくるわけがないんですよ。

 

まず、収入申告している時点で問題ナシ。

 

じゃあ、働いてないのに受けているのは、どうなのか??

って話に関しては、この人はフリーライターとして

生活保護受給者の取材をしながら、本を出したりしています。

働いているじゃないですか。

 

素晴らしいと思いました。

だって、生活保護を受けている人が同じ境遇の人を取材して

本にするって説得力が違うじゃないですか。

 

逆に良い暮らしをしていて、貧困や格差はおかしいとか

言っている人がたまにいます。(政府なんてまさにそれですが)

そういう人間は僕から見れば全く説得力がないですよ。

自分に酔っているだけのナルシストだと思います。

 

そもそも、<働く>という提議を履き違えている人が多い。

 

毎朝満員電車に乗って、ブラック・スーツを着て、上司にヘコヘコして

帰りにストレス発散で酒を飲んだり、風俗に行ったりする。

言うのは愚痴ばっか。労働収入の人間はこのサイクルを永遠に繰り返します。

 

そこでこのライターの彼の言葉ですよ。

フリーライターをやりたいから生活保護を受けながら働いている。

 

この考えをもっと多くの人が持つべきだと思います。

言わば、ベーシックインカム的な発想をしているわけです。

 

それに対して、人の夢を応援する為に俺達は税金を納めているわけじゃない!

と言う人がいます。

 

なら、何故、不必要な設備を作る東京オリンピックや無駄な工事など

そういう可視化出来ないお金の行方に対して反発しないんですか??

 

様は嫉妬なわけですよ。

 

僕なんか、クソレベルのくだらないオリンピックに自分の働いた分の税金を

使われるなら、ダンサーやアイドルを目指している子達が少ないバイトで

すむ様に生活保護費として使ってもらった方がよっぽど、気持ちいいですけどね。

 

ただ、このライターの人の問題点はモノの言い方だと思うんですよね。

後ろめたいとか、なんか、生活保護を斡旋してる様な振る舞いがあった為に

叩かれてしまったという感じがします。もっと胸を張って生活保護を受けるべき

ですし、そういう態度なら、ここまで炎上しなかった様な。

 

まぁ、この番組の構成作家生活保護に関して勉強してる感じがしないので

こういう番組を流すって事自体、問題ですけどね。流すなら、ちゃんとした

事を流すべき。

 

生活保護は200万人近い人が受けてますが、実際はその8倍は

受けないといけない状態の人がいるとの事です。

 

数にして1600万人。今はもう2000万人近いんじゃないでしょうか。

 

ここで出てくるのが、ベーシックインカムという制度。

全ての国民に平等に毎月10万〜15万を振り込む。

 

そして、それ以上稼ぎたい人は稼いで下さいという仕組み。

フィンランドとかでは実際にもう行われているみたいです。

 

僕は今すぐベーシックインカムをやるべきだと思います。

 

そうすれば、人生の選択肢が増える。

その代わりに生活保護やら、貰えるかどうか不透明な年金やら、

使えない公務員やら(市役所なんか全部AIにすればいい)がなくなれば

充分可能な制度です。出来ないとは言わせない。

 

どうせ、この10年で人工知能がほとんどの仕事をするわけです。

遅かれ早かれ、仕事はなくなるでしょう。

 

だからこそ、仕事の選択肢が増えるベーシックインカムをやるべきなんです。

というか、やらずに進めば、確実にこの国は破綻する。もう目に見えてます。

 

そもそも、生活保護っていうのをベーシックインカムって名前に

変えるのも手です。それなら、そこまで仕組みをいじらなくてもいいでしょう。

 

日本って今、分岐点にいると思うんですよね。

下に動画を貼っておくので観てみて下さい。

 

最後に有名な話を。

 

とあるイギリスの作家がいました。彼女は生活保護

受けながら、ある小説をコーヒーショップの席で書いていたそうです。

 

後にそれは<ハリーポッター>という名前が付き、大ベストセラーになりました。

 

かなりの額の税金を納めているそうです。

 

これでも、アナタは生活保護はいけないと言いますか??

 

www.youtube.com