読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C.E〜C次元・Entertainment〜

全てはC次元の世界へ

【言ってみる】キャラメル☆リボン卒業について

3月である。

卒業シーズン、新生活シーズンである。

 

そんな中、また一組、ラストを迎える

アイドルグループが。

 

個人的にはとてもショックなのは事実なのだが。

 

大阪を拠点に活動している浪速の3人娘。

キャラメル☆リボンが3月を持って、メンバー

全員の卒業を発表した。

 

f:id:c_entertainment:20170302163034j:plain

 

【解散】でもなく【脱退】でもなく【解雇】でもない。

卒業という形を発表してくれた運営の方には尊敬の念がある。

 

彼女達は大阪・東京で今月ラストワンマンを控えている。

僕と彼女達の出逢いやその想いを書いてみたいと思う。

 

僕がこのグループを知ったきっかけは友人に教えて貰った

というのがあるけど、一番はファーストシークレットという楽曲の

インストアを観に行った事がデカい。

 

タワーレコードのアイドル専門レーベル

【ティーパレット】からリリースされていて

そのキャッチーなメロディーと夏の始まりを予感させる

アレンジ、彼女達ぐらいの若い子の心情を描いた詞の世界は

僕を一発でノックアウトさせた。

 

www.youtube.com

 

いつ聴いても名曲である。

 

ここでヤラれてしまい、僕は都内数カ所

インストアを回した。

 

アイドル・グループで何回もインストアに行くのは

正直、キャラメル☆リボンだけだった。

 

その後、つけ麺博のステージ、昨年は新宿でのワンマン

とこれはかなりレアだったが、池袋のインストア後に突如

ゲリラライブを決行。

 

10数人ぐらいだったが、あれに

参加出来た事を僕は一生忘れないだろう。

 

詳しくはこちら↓

 

hama-jun-idol-blog.amebaownd.com

hama-jun-idol-blog.amebaownd.com

 

キャラメル☆リボンのライブはとにかく

パフォーマンスが素晴らしい。

 

表情、ダンスのキレ、フォーメーション。

 

タレントやアイドルの育成の専門学校が母体になっているので

やはり<そうとう鍛えられている>と一発で分かるクオリティーの

高さだった。

 

ただ、このクオリティーというのは、もう一つの意味がある。

 

専門学校や音楽教室が運営しているアイドル・グループ

というのは実は結構ある。

 

しかし、言葉は悪いが、どれも<お遊議会レベル>で

止まっており、<エンターテイメントではない>

と断言出来るほど、見ていられないモノが大半だ。

 

だが、キャラメル☆リボンは基礎があった上で

ちゃんとエンターテイメントになっており、

<<これは確実に売れる>>と胸を何度も高鳴らせてくれた。

 

僕は彼女達をプロだと思っている。プロ中のプロである。

 

Perfumeとかに近いかも知れない。

 

彼女達も専門学校での結成だが、

ちゃんとエンターテイメントになっている。

 

後は楽曲の素晴らしさ、そして、旧ブログでも書いたが

運営の方がとても素晴らしいのである。

 

ただ、個人的には、ファースト・シークレットまでと

それ以降では<運営形態>が変わったのかなと少し思っていた。

 

特に去年の新宿モーションのワンマンは

かなりファンとの距離が近く、それはとても嬉しい事だが、

もしかしたら、この卒業を何か予感させる序章があったのかも

知れないと今は思ったり、思わなかったり。

 

3/19は両国でTOKYOラストワンマンである。

この目で見届けて、またここにそのレポなんかを

書けたら良いなと思う。

 

K-POP歌手って具体的にどういう事??」

あまちゃんに2人が突っ込む様子が浮かんでくるようだ。

 

彼女達みたいな笑顔で溢れる卒業公演になればいい。

しっかり見守りたい。

 

www.caramelribbonofficial.com