C.E〜C次元・Entertainment〜

全てはC次元の世界へ

【行ってみる】野田地図:足跡姫~時代錯誤冬幽霊~

もう1ヶ月半以上前の話を今日はします。

 

1/26に毎年恒例ではありますが、

NODA MAPの公演を観に行きました。

 

そして、3/12で千秋楽。出演者の皆様お疲れ様でした。

色々想いを書いてみたいと思います。

f:id:c_entertainment:20170314202630j:plain

 

今年は【足跡姫~時代錯誤冬幽霊~】というタイトル。

江戸時代を舞台に歌舞伎が題材の芝居でした。

 

そして、今回は野田秀樹さんの盟友

中村勘三郎さん」へのオマージュと事前告知がありました。

 

芝居の内容はネットで検索して下さいw

というか、俺もよくもう覚えてないw

 

ただ、そこが野田地図の良さだったりします。

野田さんの作品は一度で全てを理解するのは不可能です。

 

何故なら、野田秀樹という人は天才だからです。

 

初めてNODA MAPの「エッグ(初演)」を観た時、

「天才ってこの世に存在するんだな」としばらく席を立てませんでした。

 

その後、MIWA、逆鱗と、ほぼ毎年(エッグの再演は行けなかった)

頭の体操も兼ねて、観に行っております。

 

今回は歌舞伎がという事もあり、花道があったり、

スッポン(下から上にせりあがってくる装置)があったり

僕は歌舞伎を観た事がなかったので新鮮でした。

 

歌舞伎とは言え、野田秀樹エッセンス満載で

観ていてとても面白かった。

 

というか、当日券だったんですが、席が真ん中

13列目あたりで、まぁ、観やすい。

 

宮沢りえさん、妻夫木聡さん、古田新太さんなど

そうそうたるメンバーは本当に凄いの一言ですね。

 

野田地図は題材に結構重いテーマを置く事が多いです。

 

オイルでは、広島・長崎の原爆投下。

ザ・キャラクターでは地下鉄サリン事件

エッグではマルタと呼ばれた731部隊

逆鱗では、人間魚雷として散っていった回天

をテーマにしていました。

 

今回の作品はそういう意味では、

最後、とても暖かい気持ちになれる作品だった。

 

後は毎回、驚かされる演出の素晴らしさと無駄のない動き。

とにかく舞台上全員とスタッフがプロ中のプロなので

日本でトップクラスの演劇だなと観るたびに思っています。

 

ラストの妻夫木さんの台詞。

それは野田さんが勘三郎さんへ向けた

言葉でした。

 

野田秀樹という人は物事を常にクールに考えている面があるなと

思ってましたが、あの台詞を聞いて、この人は本当は熱い想いを

とてつもなく持っている人なんだなと。

 

なんというか、一人の友達へ向けた言葉。そして決意。

本当に盟友という言葉がふさわしい間柄だったんだなと。

 

なので、野田さんには150歳ぐらいまで生きて欲しいです。

僕は野田さんの舞台が大好きなので。

 

最終日には、カーテンコールで

野田さんが一人で最後出てきて、もう一人、隣に

目には観えませんが、この芝居の大事な相方と共に

挨拶をしたそうです。

 

勘三郎さん、嬉しいだろうなぁ。

 

勘三郎さんは常に新しい事にチャレンジをしている

という印象が僕の中でもあり、きっとその魂は野田秀樹

この先も魅せ続けてくれるでしょう。

 

来年のNODA MAPはどんな作品だろう。

予測なんて出来るわけない。

 

だって、野田秀樹は天才だから。

 

もう一回ぐらい行きたかったですが、それが出来なかったのが残念。

ロビーで販売してた甘酒を飲みたかった。

 

もうすぐ冬も終わります。春がやってきます。

 

満開の桜を観ながら、

今年は足跡姫と勘三郎さんの事を想いたいです。

 

www.nodamap.com

【言ってみる】好きか嫌いが言う時間〜フリーライターは何故、叩かれたのか??そして、生活保護とベーシックインカム理論〜

観ていて考えさせられる動画あったので、

それについて、今日は生活保護ベーシックインカムの話です。

f:id:c_entertainment:20170313132400j:plain

<好きか嫌いか言う時間>という番組で

生活保護に関して取り上げられました。

 

芸能人、生活保護受給者、CW(ケースワーカー

、一般の代弁者的な日本人と他の国の人達。

 

色々な意見が飛び交ってましたが、

中でも、現在生活保護を受けながら、フリーライター

をしている男性がかなり叩かれるという事態が起こりました。

 

<叩く側>

 

フリーライターとして収入があるのに、生活保護を受けているのは

不正受給じゃないのか??

☆意図的に計算して生活保護を受けているんじゃないのか??

☆何故、働けるのに、働かないのか??

 

<守る側>

 

★収入申告をしているので、不正受給ではない

生活保護の審査基準を高くすれば、収入が少ない人に余計行き渡らなくなる

 

フリーライター本人>

 

生活保護は簡単に申請して受けられる、そうそう簡単に廃止にはならない

■自分は収入申告をしている。俺が悪いっていうのなら、制度自体がオカシイ

フリーライターをしたいから受けている

■しかし、後ろめたさのようなモノはある

 

まぁ、概要はこんな感じでしたが、

僕個人の考えを書くとするなら、基本、フリーライターの人

の意見に同意です。

 

特に<フリーライターをしたいから

という部分は重要でしょう。

 

そして、この話をする前にまず、先に書かないといけないのは、

このライターの方は不正受給とは全く無縁だという事です。

 

坂上忍は<それって不正受給って事ですよね?>や

<グレーゾーンな人>と言ってましたが、前回ブログで

書いた清水富美加さんの件での<芸能界ってそういう所だから>

に続き、非常に失望しましたね。

 

番組MCやる前にもっと勉強とかしたらどうですかね。

 

この人はもはや男版・和田アキ子的な位置を狙っているらしく

本当にただの説教する年寄りになってしまったのが残念極まりないです。

 

c-entertainment.hatenablog.com

 

というか、生活保護ってものをちゃんと理解してるとグレーゾーン

なんて言葉出てくるわけがないんですよ。

 

まず、収入申告している時点で問題ナシ。

 

じゃあ、働いてないのに受けているのは、どうなのか??

って話に関しては、この人はフリーライターとして

生活保護受給者の取材をしながら、本を出したりしています。

働いているじゃないですか。

 

素晴らしいと思いました。

だって、生活保護を受けている人が同じ境遇の人を取材して

本にするって説得力が違うじゃないですか。

 

逆に良い暮らしをしていて、貧困や格差はおかしいとか

言っている人がたまにいます。(政府なんてまさにそれですが)

そういう人間は僕から見れば全く説得力がないですよ。

自分に酔っているだけのナルシストだと思います。

 

そもそも、<働く>という提議を履き違えている人が多い。

 

毎朝満員電車に乗って、ブラック・スーツを着て、上司にヘコヘコして

帰りにストレス発散で酒を飲んだり、風俗に行ったりする。

言うのは愚痴ばっか。労働収入の人間はこのサイクルを永遠に繰り返します。

 

そこでこのライターの彼の言葉ですよ。

フリーライターをやりたいから生活保護を受けながら働いている。

 

この考えをもっと多くの人が持つべきだと思います。

言わば、ベーシックインカム的な発想をしているわけです。

 

それに対して、人の夢を応援する為に俺達は税金を納めているわけじゃない!

と言う人がいます。

 

なら、何故、不必要な設備を作る東京オリンピックや無駄な工事など

そういう可視化出来ないお金の行方に対して反発しないんですか??

 

様は嫉妬なわけですよ。

 

僕なんか、クソレベルのくだらないオリンピックに自分の働いた分の税金を

使われるなら、ダンサーやアイドルを目指している子達が少ないバイトで

すむ様に生活保護費として使ってもらった方がよっぽど、気持ちいいですけどね。

 

ただ、このライターの人の問題点はモノの言い方だと思うんですよね。

後ろめたいとか、なんか、生活保護を斡旋してる様な振る舞いがあった為に

叩かれてしまったという感じがします。もっと胸を張って生活保護を受けるべき

ですし、そういう態度なら、ここまで炎上しなかった様な。

 

まぁ、この番組の構成作家生活保護に関して勉強してる感じがしないので

こういう番組を流すって事自体、問題ですけどね。流すなら、ちゃんとした

事を流すべき。

 

生活保護は200万人近い人が受けてますが、実際はその8倍は

受けないといけない状態の人がいるとの事です。

 

数にして1600万人。今はもう2000万人近いんじゃないでしょうか。

 

ここで出てくるのが、ベーシックインカムという制度。

全ての国民に平等に毎月10万〜15万を振り込む。

 

そして、それ以上稼ぎたい人は稼いで下さいという仕組み。

フィンランドとかでは実際にもう行われているみたいです。

 

僕は今すぐベーシックインカムをやるべきだと思います。

 

そうすれば、人生の選択肢が増える。

その代わりに生活保護やら、貰えるかどうか不透明な年金やら、

使えない公務員やら(市役所なんか全部AIにすればいい)がなくなれば

充分可能な制度です。出来ないとは言わせない。

 

どうせ、この10年で人工知能がほとんどの仕事をするわけです。

遅かれ早かれ、仕事はなくなるでしょう。

 

だからこそ、仕事の選択肢が増えるベーシックインカムをやるべきなんです。

というか、やらずに進めば、確実にこの国は破綻する。もう目に見えてます。

 

そもそも、生活保護っていうのをベーシックインカムって名前に

変えるのも手です。それなら、そこまで仕組みをいじらなくてもいいでしょう。

 

日本って今、分岐点にいると思うんですよね。

下に動画を貼っておくので観てみて下さい。

 

最後に有名な話を。

 

とあるイギリスの作家がいました。彼女は生活保護

受けながら、ある小説をコーヒーショップの席で書いていたそうです。

 

後にそれは<ハリーポッター>という名前が付き、大ベストセラーになりました。

 

かなりの額の税金を納めているそうです。

 

これでも、アナタは生活保護はいけないと言いますか??

 

www.youtube.com

 

【行ってみる】三谷幸喜新作戯曲「不信〜彼女が嘘をつく理由〜」を観て

月曜の夜、東京芸術劇場のシアターイース

三谷幸喜さんの新作舞台を観に行きました。

 

f:id:c_entertainment:20170309233428j:plain

 

タイトルは「不信〜彼女が嘘をつく理由〜」

 

4人芝居で段田安則さん、優香さん、戸田恵子さん、栗原英雄さん

が出演されています。

 

三谷さんの芝居は今までに6本ぐらい観ましたが、

今回は久々でしかもサスペンス要素もあるとの事で期待大でした。

 

プレビュー公演という本公演前の客入りゲネプロ

観に行ったのですが、シアターイーストって初めて入ったんですよね。

 

あれぐらいのキャパかなり好みですね。

THE 芝居って感じ。

 

ネタバレは出来ないですが、舞台が真ん中にあり、

客席はそれを挟む形なので、舞台の向こう側にも

お客さんがいる光景は新鮮でした。

 

約2時間。途中休憩あり。

 

一言。

もの凄く面白かった!!!

 

良い意味で三谷さんっぽくないんですよ。

新しい三谷ワールドが開いた感じ。

 

そして、僕の大好きな戸田恵子さん。

いやー、いつ観ても本当に美しい。大好きな女優さんです。

 

優香さんは王様のブランチファンなので、嬉しかったですが

演技、上手かった!

 

栗原さんは真田丸にもご出演されていて

今回三谷戯曲作品は初との事。

 

安定感がありました。

 

段田さんはもう夢の遊眠社出身ですからね。

最高という言葉に尽きます。

 

なんというか、凄くシンプルだけど、奥が深い。

あそこまでミステリアスな戸田さんを初めて観たし、

本当に笑いが止まらない場面もあったw

 

三谷さん、未だに健在で尖ってて良かった。

本公演も何処かで観に行く予定です。

 

www.parco-play.com

 

 

 

 

 

 

 

 

【言ってみる】キャラメル☆リボン卒業について

3月である。

卒業シーズン、新生活シーズンである。

 

そんな中、また一組、ラストを迎える

アイドルグループが。

 

個人的にはとてもショックなのは事実なのだが。

 

大阪を拠点に活動している浪速の3人娘。

キャラメル☆リボンが3月を持って、メンバー

全員の卒業を発表した。

 

f:id:c_entertainment:20170302163034j:plain

 

【解散】でもなく【脱退】でもなく【解雇】でもない。

卒業という形を発表してくれた運営の方には尊敬の念がある。

 

彼女達は大阪・東京で今月ラストワンマンを控えている。

僕と彼女達の出逢いやその想いを書いてみたいと思う。

 

僕がこのグループを知ったきっかけは友人に教えて貰った

というのがあるけど、一番はファーストシークレットという楽曲の

インストアを観に行った事がデカい。

 

タワーレコードのアイドル専門レーベル

【ティーパレット】からリリースされていて

そのキャッチーなメロディーと夏の始まりを予感させる

アレンジ、彼女達ぐらいの若い子の心情を描いた詞の世界は

僕を一発でノックアウトさせた。

 

www.youtube.com

 

いつ聴いても名曲である。

 

ここでヤラれてしまい、僕は都内数カ所

インストアを回した。

 

アイドル・グループで何回もインストアに行くのは

正直、キャラメル☆リボンだけだった。

 

その後、つけ麺博のステージ、昨年は新宿でのワンマン

とこれはかなりレアだったが、池袋のインストア後に突如

ゲリラライブを決行。

 

10数人ぐらいだったが、あれに

参加出来た事を僕は一生忘れないだろう。

 

詳しくはこちら↓

 

hama-jun-idol-blog.amebaownd.com

hama-jun-idol-blog.amebaownd.com

 

キャラメル☆リボンのライブはとにかく

パフォーマンスが素晴らしい。

 

表情、ダンスのキレ、フォーメーション。

 

タレントやアイドルの育成の専門学校が母体になっているので

やはり<そうとう鍛えられている>と一発で分かるクオリティーの

高さだった。

 

ただ、このクオリティーというのは、もう一つの意味がある。

 

専門学校や音楽教室が運営しているアイドル・グループ

というのは実は結構ある。

 

しかし、言葉は悪いが、どれも<お遊議会レベル>で

止まっており、<エンターテイメントではない>

と断言出来るほど、見ていられないモノが大半だ。

 

だが、キャラメル☆リボンは基礎があった上で

ちゃんとエンターテイメントになっており、

<<これは確実に売れる>>と胸を何度も高鳴らせてくれた。

 

僕は彼女達をプロだと思っている。プロ中のプロである。

 

Perfumeとかに近いかも知れない。

 

彼女達も専門学校での結成だが、

ちゃんとエンターテイメントになっている。

 

後は楽曲の素晴らしさ、そして、旧ブログでも書いたが

運営の方がとても素晴らしいのである。

 

ただ、個人的には、ファースト・シークレットまでと

それ以降では<運営形態>が変わったのかなと少し思っていた。

 

特に去年の新宿モーションのワンマンは

かなりファンとの距離が近く、それはとても嬉しい事だが、

もしかしたら、この卒業を何か予感させる序章があったのかも

知れないと今は思ったり、思わなかったり。

 

3/19は両国でTOKYOラストワンマンである。

この目で見届けて、またここにそのレポなんかを

書けたら良いなと思う。

 

K-POP歌手って具体的にどういう事??」

あまちゃんに2人が突っ込む様子が浮かんでくるようだ。

 

彼女達みたいな笑顔で溢れる卒業公演になればいい。

しっかり見守りたい。

 

www.caramelribbonofficial.com

【やってみる】もし、村上春樹が脇田もなりのインストア・イベントを観て、レポを書いたら

完璧なインストア・イベントなどといったものは存在しない

完璧なレコードが存在しない様にね。

 

新宿ディスク・ユニオンの入ったビルはいささか

ややこしい場所にあった。

 

外観だけではただのオフィス・ビルにも見えるし、

風俗店の入ったいかがわしいビルにも見える。

 

少なくとも、レコードの売っている店が入っている

ビルには見えなかった。

 

エレベーターのボタンを押し、3階へ向かうが

この時点でも僕はこのビルにレコード屋が入っている事を疑っていた。

 

扉が開くと同時に洋楽がスピーカーから流れてきた。

 

僕はその光景にひどく混乱したが、次第に

【ここは】レコ屋だという感覚を取り戻していった。

 

レコードで埋め尽くされた店内には、ひときわ目立つ

ポスターが貼ってあり、彼女はグレーのTシャツを着て、腰に

チェック・シャツを巻き、その美しい瞳で【こちら】を見ていた。

 

MONARI WAKITA 

 

僕はその名前を反復した。

 

人で溢れ返った日曜日の新宿東口に好き好んで来たわけでもないし、

欲求不満の人妻のガールフレンドと待ち合わせをしているわけでもない。

 

僕はMONARIに会いに来ていた。

 

そして、それは、ここにいる

ほぼ全ての人に言えるだろう。

 

イベント40分前にステージ前の位置についた僕は

周りのファンを見ながらそう思っていた。

 

MONARIが到着するまで、僕は文庫本を開き

(今日中にどうしても読み終えたい作品があった)

途中、ペットボトルの水を3回飲んだ。

 

文庫本に集中していたせいか、ふと辺りがざわついた。

 

赤いロング・トップスを来た

MONARIがサウンド・チェックの為、ステージに現れた。

 

マイクの音量とサウンドの出音を確認していたが、

度々、ハウリングが起こっていた。

 

シールドを入れ替えしながら、少しずつ音が良くなっていき

最終的にとてもクリアな音になった。

 

僕は「成る程」と思った。

 

途中、MONARIが僕のほぼ隣に移動し、サウンドチェックの

様子をうかがう場面があった。

 

ファンとの距離が近い為、MONARIもいささか戸惑っている様子だったが、

その笑顔はビル・エヴァンスの『ワルツ・フォー・デビー』のピアノの

音色の様に美しかった。

 

MONARIはステージを離れ、ファンは再び待機し始めた。

 

僕は回りの壁を見渡すと、ビートルズ

【プリーズ・プリーズ・ミー】が壁にかけれている事に気付いた。

 

そのレコードは僕が大学生の頃、

同い年の女の子が教えてくれたモノだった。

 

丁度、僕が入学して3番目に寝た女の子だ。

 

今日みたいな晴れた日曜日だったと思う。

 

僕のアパートにその女の子は訪ねてきて、

「お昼食べてないんでしょ?」と言うと

勝手にプライパンを使い、買ってきた材料で料理を始めた。

 

野菜を水洗いし、肉を包丁で切り、油の引いた

フライパンへそれを投げ込むと慣れた手付きで炒めた。

 

途中、塩・胡椒・醤油などを入れ、それを大皿に

盛り、僕がいるテーブルまで運んできた。

 

買物袋から、彼女は缶ビールを取り出し、

僕等は乾杯をした。

 

食べ終わると僕等はほろ酔い気分の中、

彼女が持ってきた【プリーズ・プリーズ・ミー】をかけた。

 

最初はお互い、ジョンとポールどっちが好きだとか、

リンゴ・スターのスネアの音は他と全然違うなどと話し合っていたが、

ふいに彼女が「ねぇ、これ聴きながら<アレ>しましょうよ」

と言ったので、やれやれ、と思いながら、僕等はベッドに移動した。

 

そんな事を考えていると、13時になり、

黒のキャップを被ったMONARIがステージに登場し、

イベントが始まった。

 

クラップをする彼女に合わせ、手を叩くファン。

 

僕もいつの間にか、3番目に寝た女の子の事はすっかり

忘れ、手を叩いていた。

 

曲は【IN THE CITY】へ移った。

僕がMONARIの曲で一番好きな曲だ。

 

曲を聴きながら、目を閉じると

夜中、MONARIと二人、渋谷から横浜方面

(中華街がある方面かも知れない)を車で飛ばしながら

深夜のドライブをしている様な感覚に陥った。

 

しかし、目を開けるとそこは夜景が見える場所ではなく、

新宿東口の雑居ビルのレコ屋の中、パフォーマンスをする

MONARIの姿があるだけだった。

 

僕は頭がおかしくなってしまいそうだった。

 

ライブはあっという間に3曲目に入った。

 

【__Boy Friend】

 

その英単語をコール&レスポンスし合う。

 

でも、MONARIの【Boy Friend】にはなれない。

そんな儚さを幾分感じながら、僕はサウンドに身を委ねた。

 

曲が終わると、MONARIは笑顔の中、楽屋へ戻っていった。

ファンの拍手はいつまでも鳴り止まなかった。

 

イベントが終わり、ビルを出ると

【確かにここには】レコード屋があり、

僕はMONARIに会いに来た事を実感した。

 

隣の紀伊国屋書店では

【騎士団長殺し】と書かれた本が大量に

プロモーションされていた。

 

僕はMONARIとの時間の余韻に浸りながら、

通りを渡り、文庫本の続きを読むため、DUGの階段を降りて行った。

 

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

 

 

c-entertainment.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【行ってみる】脇田もなり<Boy Friend>インストア・イベント in Shinjuku Disc Union

辛すぎる。

 

愛しの脇田もなりちゃんが可愛すぎるからです。

 

前回は新宿HMVアルタでのレポを書きましたが

今日は夕方の仕事前にインストアラスト公演

新宿ディスクユニオンへ。

 

ここでのインストアって結構あるのかは分からないけど、

場所のチョイスが面白いなと思いました。

 

開始40分前。ベストポジションでした。

 

f:id:c_entertainment:20170226213216j:plain

 

ディスクユニオンはレコードマニアが集まる場所です。

後は、村上春樹ノルウェイの森で主人公のワタナベが働いている

新宿のレコ屋ってここがモデルなんじゃない??とか。

空間としてかなりコアですね。

 

インストア用のスピーカーが俺の隣にあり、ハウリングが結構

起こってたり、本番中、マイク音量が小さかったりもしたので、

何度いじろうと思ったかw(音楽やっていた人間の本能なのでしょうか)

 

ともあれ、もなりちゃんがいると華やかな空気に変わり、

やはり彼女は突き抜けた存在になったなと確信したわけです。

 

さて、レポです。

 

【SET LIST】

1.赤いスカート

2.IN THE CITY

3.Boy Friend-remix ver-

 

素晴らしい。

特に2曲目のIN THE CITY。

 

ライブで初めて聴きましたが、名曲ですね。

今の時代を代表するシティ・ポップ・ソングだと断言します。

 

www.youtube.com

 

ライブ中、特にラストはもなりちゃん、あおりまくってましたが、

盛り上げ方もどんどん上手くなっていますね。

 

何より、今日は距離が近く、黒のキャップに

スニーカー、赤いロングトップス。

 

MVでも着てますね!

 

www.youtube.com

 

f:id:c_entertainment:20170226214309j:plain

 

向こうにいらっしゃるマネージャーさん(プロデューサーさんかもしれない)

の笑顔も素敵でした。二人三脚感が凄く良い。

 

なんで、こんな可愛いんだ。

って思っているとあっという間にイベントは終わってしまいました。

 

改めて、俺はこういう音(AORシティ・ポップ、お洒落なやつ)

が好きなんだなと確信した。

 

アルバム年内に出そうですね(予想ですが)

個人的に、リハの時、ステージ袖に捌けた、もなりちゃんが

しゃがんで上目遣いで笑っているシーンをその隣で見届けたんですが。

 

来て良かった。

いや、生きてて良かった。

なんて、可愛いんだ!!!!!

 

こんな可愛い子と出逢えた奇跡。

 

いや、違う。

 

こんな可愛い、脇田もなりちゃんが

この世に生まれてきてくれた奇跡。

 

ありがとう。全てにありがとう。

 

東京〜名古屋〜大阪〜東京と

もなりちゃん、インストアお疲れ様でした。

 

楽しかったです!また会いたいな。

 

f:id:c_entertainment:20170226214905j:plain

 

c-entertainment.hatenablog.com

twitter.com

【言ってみる】映画・君の膵臓をたべたい公式WEBと告知ポスターデザインに思う複雑な心境について

7/28公開の映画「君の膵臓をたべたい」の

公式サイトが更新され、映画館に貼られる告知

ポスターデザインも発表されました。

 

まずはポスター。

 

f:id:c_entertainment:20170225180522j:plain

 

これは凄く良いと思った。

綺麗だし、部屋とかに貼っても良さそうだし。

 

公式サイトでは、大まかなストーリーも

発表されましたが、僕はこれを読んでとても複雑な気持ちでいるのです。

 

kimisui.jp

 

それをいくつか項目に分けて書いてみます。

 

【12年前より、12年後が軸になっている??】

 

前回書いた様に、そして原作者の住野よる先生が言っている通り、

<これは全く別モノのパラレルワールド>であるという事は認識しています。

 

が、Storyを読む限り、これは<12年後>がメインで<12年前>は

さらっと終わるんじゃないのか??という恐怖があります。

原作を愛している方は分かると思いますが、この話は<高校生2人の物語>です。

その周りに親友の恭子がいたり、彼や桜良の家族やクラスメイトが

いるわけです。

 

もし、これが12年後に12年前を振り返るがメインの作品となると、

オマージュでもなく、リメイクでもなく、本当に全然違うわけです。

(それが先生の言う全く別物の意味かもしれません)

 

ミスチルの曲を違うバンドがレゲエやEDM

にアレンジを変えて歌うみたいなイメージです。

 

なら、誰もが思う疑問。

 

何故、原作を使うのか??

オリジナル脚本の作品作ればいいんじゃん??

 

と。

 

頭では分かっている、きっと原作愛のある人なら、誰もが

別モノだから、割り切ってみようと(観る観ないは自由です、あえて

観ないという方法もある)思ってるかとは思いますが、心がついていきません。

 

12年後の彼と恭子を演じるのは、小栗旬さんと北川景子さん。

お二方とも大活躍されていて、名前を知らない人はほぼいないと思います。

 

僕はお二方とも好きだし(北川さんのパラダイスキスは凄く良かった)

あまり文句は言わないですが、なんかね、色々思う所があるんですよ。

 

【これは、山内桜良の作品ではないのか??】

 

君の膵臓をたべたいという作品は人それぞれ

色々な解釈や見方があると思うし、その多様性こそこの作品の肝だと思います。

でも、皆が一致して思うのは、この作品はやはり山内桜良という女の子が

メインだと思うんですよ。

 

だから、とにかく、桜良役の浜辺さんと【彼】役の北村さんのシーン

8割、小栗さん&北川さんのシーン2割ぐらいの2時間弱ぐらいで

終わって欲しいとか願っています。

 

山内桜良は前も書きましたが、僕の人生のある部分を変えてくれた

子なので、小説の主人公というより、もう存在しているんですよね。

僕の中で。彼女は。

 

だから、桜良をもし、適当に扱ったら、本当に俺はキレますよ。

 

【キャスティングに桜良の母親的な人がいない??】

 

WEBのキャスティングやWikipediaなどを見る限り、

桜良の母親役がない事になってる。

 

君の膵臓をたべたい - Wikipedia

 

これは大問題ですよ。

 

あの役がどれだけ重要なのか、制作側は分かっているのか・・・。

というか、本当に原作読んでいるのか・・・。

 

いないという事はあのシーンがないのでしょうか??

それともキャスティング名がないだけなのでしょうか??

(その場合だと、その役者さんに失礼だよね)

 

いやー、ここは本当に何とかして欲しいなと思います。

 

唯一の救いは恭子役の大友花恋さんや小栗旬さんが

原作の大ファンという事でそこが映像にちゃんと生かされて

いるだろうという希望です。

 

やっぱり一番思うのは、この作品の原作をもっと多くの人が

手にする事がゴールだと思うんですよ。

 

7/28まで楽しみと自分の中の複雑な気持ちは更に加速しそうですが、

山内桜良がスクリーンで輝いて欲しい。彼女が言っている事って

今の時代、凄く大事なんです。大事すぎるんです。

 

今日はそんな心境を書いてみました。

 

kimisui.jp