C.E〜C次元・Entertainment〜

全てはC次元の世界へ

【行ってみる】サウナー道 Vo4-鴬谷・萩の湯〜スパと銭湯どちらがいいのか-

相変わらずサウナ入っています。

 

昨夜は今、サウナーの中で話題になっている

鶯谷・萩の湯】へ行って来ました。

 

f:id:c_entertainment:20170623224219j:plain

 

鶯谷にはまず、普段行かないので

数年ぶりに降り立った。

 

銭湯の前に「ささのや」という立ち飲み屋(席も奥にある)

で焼き鳥とビールでパッとエネルギーを補給しました。

 

ここは以前、僕が師と仰いでいる吉田類様も

酒場放浪記で来た店で気になっていたのです。

 

串1本70円。美味かった。

 

さて、萩の湯ですが、先月

リニューアルオープンしたという事もありとても綺麗です。

 

2Fが受付、3Fが男湯、4Fが女湯

になってます。

 

入浴料金は460円。サウナは120円。

(土日祝は上がります)

 

が実はこの値段、凄いです。

 

本来、銭湯は大きい湯船があって、ジャグジー的なのがあり、

小さいサウナがある(ないとこのが多い)って感じですが、

ここは露天風呂的なやつ、ジャグジー、電気風呂、低温の風呂、

高温の風呂、サウナ、水風呂とまさにスーパー銭湯並のクオリティー

なのです。

 

値段は銭湯料金なのに、内容はスーパー銭湯

しかも新しいから綺麗。

 

この先、値段は上がるかもしれませんが、凄い企業努力だなと思います。

 

さて、サウナですが、20人〜30人は入れるだろう大きさで

水風呂は21℃。

 

檜の香りが新しいせいもあってか、心地良かった。

サウナは多分100℃ぐらいかな。だから、結構熱いですよ。

 

6セット(サウナ→水風呂→休憩)行いましたが、水風呂が21℃と

いうのはプロサウナーには温水プール的で物足りないかもしれませんが

サウナにハマり始めた人の入門編としてはかなりオススメです。

 

永遠に入ってられる感じありますからね。

 

他の風呂も綺麗で混んでましたが、あまり気にならない

キャパでゆっくり出来た。電気風呂は恐ろしくて入れなかったw

 

高温風呂は45℃でもの凄く熱く、もう少し歳を取ったら

心地よくなるかもなぁ。

 

1Fにはレストランスペースもあります。

四川麻婆豆腐飯なのを食べましたが、美味しかったです。

 

この半年で諸々、サウナを巡ってきましたが、

スパと銭湯、俺はどっち派なんだろ??と常に思ってました。

 

で、昨夜、答えが出たんです。

 

俺はスパ派です。

 

スパと銭湯の区別を簡単に言うとアメニティーや

施設内容、宿泊可なのか?というのがあります。

 

なので、カプセルホテルもスパ側になりますね。

 

銭湯

スーパー銭湯

===================

スパ

カプセルホテル

 

線で分けるとこんな感じでしょうか。

 

僕は今、埼玉に住んでて鶯谷まで行きましたが、

思ったのは、やはり銭湯というのは家の近所数分の

所にあって行く、飯や飲み屋の後(または前)に

パッと入りに行くという所に付加価値がある様な気がするんです。

 

遠い所までわざわざ行くもんじゃない。

 

勿論、アメニティーが揃ってる銭湯もたまにありますが、

僕は値段が上がってもアメニティーが揃ってる、館内着もある

そういう施設のがリラックス出来るタイプだなと思いました。

 

後は、いかに非現実というか、現実を遮断出来るか??

というのも自分の中では重要です。

 

ロッカーに全ての荷物も預け、サウナに入り、館内着に

着替える。そして、ひたすらだらだらする。

 

銭湯では子供も走り回ってるし、そうすると、結婚や家庭

という現実的な問題(今となっては古い問題ですが)を突きつけられたり、

するので、落ち着かないんですよ。

 

ある一定の年齢の人間がひたすらダラダラする。

それを求めて、僕はサウナに行ってるんではないかと。

 

正直、萩の湯のコスパは高い。

だけど、僕の中では45点ぐらいでした。

 

多分、もう行かないと思いますが、もし、

何か鶯谷で用事があったら、入りに行くかもしれないですが

まぁ、それはないかなー。

 

そこに行くなら、僕はスカイスパYOKOHAMAに行くと思います。

 

これはあくまで僕の考えです。

萩の湯自体はクオリティー高いです。

 

ただ、銭湯の後に焼き鳥の香り満載のTシャツに着替えるのは

計算ミスだったなぁ。ささのやに行ったのは間違えだったのか。

 

いや、でも焼き鳥は美味かったから良いか。

 

そんな日でした。

 

http://haginoyu.jp

 

【言ってみる】AKB48 49thシングル選抜総選挙を終えて思う事〜荻野由佳5位への祝福も込めて〜

今年も波乱が巻き起こった48Gの選抜総選挙

 

f:id:c_entertainment:20170618132641j:plain

 

毎年、面白い事をやってくれるこのグループはさすが

だなと思いますが、今年はかなり凄かったですねw

 

いくつかの項目に分けて思考を書いていきたいと思います。

 

選抜総選挙は毎回、会場を変えないといけないのか??】

 

数年前から選抜総選挙は横浜、福岡、新潟と東京ではない

会場で行われています。今回は初の沖縄開催でした。

 

が、梅雨時期というのもあり、風、雨、雷の危険性から

前日に中止を発表。公民館に移動しての無観客という形になりました。

 

沖縄まで足を運ばれた方は本当に大変だったと思います。

なんせ、足代、宿泊費だけでも馬鹿にならない額ですからね。

 

実は僕も行こうとしておりましたw

沖縄は好きだし、何より、選抜総選挙は一度

生で観てみたいと思っていたからです。

 

しかし、予定が合わずで行けませんでした。

 

6月と9月は沖縄は確実に天候が荒れるというのはもう

当たり前みたいな認識なんですが、何故、この時期に

沖縄なのか??

 

メンバー、ファン、それ以外のマジョリティーの人達も

<???>が頭に浮かんでいたと思います。僕もそうでした。

 

実際の無観客での映像を観ましたが、原点の赤坂ブリッツ

戻った様な懐かしい感覚にもなりました。

 

これを狙ってあえて沖縄にしたのか!?みたいな事も

考えましたが、なんせ、莫大な損失になるので、それはないなと。

 

というか、あの公民館の映像を観てたら、

もう何処でも良いのでは??とも思い始めたw

 

そもそも選抜総選挙の根本的な部分がブレているんですよね。

 

センターや選抜を運営や秋元プロデューサーが勝手に決めるのは

オカシイという所から、これが始まったわけで、今は何と言うか、

不況に陥りそうな場所を手助けするイベントになりつつあるのは

危険だなと思います。

 

多分、運営側に「今年はウチでやってくれ!」という

依頼が全国、世界中から来てると思います。

 

しかし、それは違うだろうと。

 

もっとマニアックなイベントだったはずなんですよね。

選抜総選挙って。それが凶悪なフジテレビというテレビ局

が絡む事によって、どんどん<つまらない>方向へ行ってる。

 

それをやった結果、中止じゃ、本末転倒だなと。

 

選抜総選挙とはどういうイベントなのか??

それをもう一度、運営側には考えて欲しいです。

 

荻野由佳のスピーチに涙

 

5位に入選したNGT48の荻野由佳。

僕が今、かなり注目している子です。

 

彼女のスピーチにはもらい泣きをしてしまいました。

 

オーディションに落ち続け、過去にはエイベックスにも

所属していた彼女。18歳という若さながら、その根性には

尊敬の念を抱いております。

 

NGT48劇場に一刻も早く行かないといけないなと。

 

おぎゆか、本当におめでとう!!

 

【人生を危険にさらした、須藤凛々花に関して】

 

さて、本題ですw

 

今回の最大の問題発言「私、結婚します」と

宣言した須藤凛々花

 

一夜明けて思うのは、哲学者になりたいと言ってる

彼女らしくて素晴らしいじゃないかという事w

 

ただ、相手の男が出て来ないのが気に食わないですけどね。

 

「実は今日、彼が来てます」

と袖から登場したら面白かったのに。

 

「毎晩、ヤリまくってます」など、凶悪なフジテレビを

追い込む様な発言もして欲しかったなと。

 

しかし、この発言が「意図的」なモノだとしたら、

この子はメチャクチャ頭良いですよ。

 

哲学者というのは、そもそも、頭がおかしくないと

なれない分野なので、ある意味、彼女はアイドルの新しい扉、

いわゆるパンドラの箱を開けてしまったのかもしれない。

 

これがまかり通るなら、

「今日、彼氏が会場に来てます!」や「今、妊娠3ヶ月目です」

などの発言がアイドルから出てくる可能性もあるわけです。

 

彼女は本も出してますね。「人生を危険にさらせ!」 

 

人生を危険にさらせ! (幻冬舎文庫)

人生を危険にさらせ! (幻冬舎文庫)

 

 

読んでみようと思います。

 

さっしーの3連覇、まゆゆの卒業(本当にお疲れ様!)、

俺が応援し続けてるSKE48北川綾巴ちゃんは64位でした。

 

来年が10回目の開催。

 

ある意味区切りになると思うので

果たしてどうなるのか。

 

 

 

C次元という概念の話〜エンタメに身を投じる為の時間とお金に関して〜

6月になってしまいました。

 

しかも、最近はサウナや村上春樹風なライブレポばかりで

ブログの方向性が完全にズレてきたので戻しますw

 

f:id:c_entertainment:20170525133619p:plain

 

というか、たまには真面目な事も書いて行きます。

 

C次元という概念。

 

前回書いたのが2月ぐらいなので

4ヶ月経ってしまいましたが、何か野望を叶える為の本業というのについて考えてみたいと思います。

 

私事ですが、今年初旬からほぼフリーランス

執筆関連の作品を作ったり、記事を書いたりしています。

(どうやって食べていってるの??に関してはまた書きます)

 

それまでは

一般的に他に本業を持ちながら、夢を追う立場でした。

 

週に4日〜5日、朝から夕方まで、もしくは昼から夜まで

働いてという感じですね。

 

数ヶ月が経ち思う事は

本来なりたい仕事の分野(アーティスト、役者、芸人、作家、クリエイターなど)

よりも本業(それとは全く関係ない仕事)をメインにする事は

果たして正しいのか??という事です。

 

断言しますが、バイトとかをやらなくていい環境の人、

家が大金持ちの人、貯蓄が有る程度ある人は一切やる必要はないです。

 

それを僕は今、とても実感しています。

 

何故か??をいくつか挙げてみます。

 

①もの凄い数の人と戦う事になり、差別化が出来ない

 

芸能関連で食っていきたいという人はこの時代になっても

とてつもなく多いです。となると、自分以外にも数千人〜数万人

あるいは、数十万人がライバルになるわけです。

 

金・コネ・環境。これのどれかがずば抜けてある人は別ですが

それがない人(これは僕にも当てはまります)が週5で一般職を

やっていたら、それだけの数と戦うはめになります。

 

何故なら、皆、そうやって夢を追うからです。

 

誰から見てもこいつは天才だ!とういう人間じゃない限り

まず勝てる事はないです。経験上、これは断言出来ます。

 

人と同じ事をやる人を芸能の世界は求めてないです。

 

誰でも出来る仕事はいずれAIがやるわけですから、

それに週40時間(残業とか入れたらもっと)も

自分の大切な時間を導入している場合じゃないです。

 

芸や作品のクオリティーを上げて、アウトプットし続けるべきです。

 

なので、重要なのは、メインはあくまで芸能活動であり、

それを補うレベルでバイトをする。それ以上は絶対にやらない。

出来る事なら一切やらない。それを目指すべきです。

 

②バイトをやりながらプロになった人はいない

 

僕は元々アーティスト活動をしていました。

 

正直、大手プロダクションから声を

かけてもらった事もありプロまで後一歩の所でした。

 

自分の作品ながらとてもよく出来ていた楽曲が多かったので

それだけに今思い出しても悔しいです。

 

ユニットをやっており、僕も相方も別に仕事をしていましたが、

今、思うのはバイトなんかしてなければプロになれたんじゃないか??

という事です。

 

僕は自分の影響を受けたアーティストやクリエイター、

そして自分の感性に近い人物がどうやってプロになったかを

徹底的に調べた事があります。

 

そうすると見えてくるのは、全員バイトとかしながら

プロになったわけではないという事実でした。

 

まぁ、実際はちょこちょこはやっていたでしょうが、

小室哲哉さんとかに関しては音楽以外の仕事は一切やらないと

決めていたからこそ、GET WILDとマイレボリューションで

壁を突破したんだと思います。

 

僕の仕事先もそういうアーティストや役者を目指している

人は多かったですが、その中で有名になった人、もしくは

有名ではないけど、食えている人は一人だけしかいません。

 

ここで言う有名は誰でも知っている人と共演してる、

あるいはキー局で主演レベルで活躍してる人の事を言います。

ちなみにその人は役者です。

 

渋谷のPARCO劇場(現在閉鎖)

とかで古田新太さんと一緒にやってました。

 

上京してきて14年ぐらいで1人ですからね。

 

ほとんど宝くじレベルの話ですよね。

 

 ③目的はお金になると、何も得られない

 

夢があるのは素晴らしいですが、本当に食えないですよね。

 

なので、バイトとか派遣とか正社員で働きながら、休みの日や

会社が終わった後に練習したり、作品作りをしたりします。

 

でも、根本的に考えればお金ですよね??

 

例えば、何年と期限を決めてやる、もしくはそのやりたい分野に

生かせる仕事とかなら、良いと思いますが、最悪なのはお金メインに

バイトをやると最終的に何も得れないという事です。 

 

人脈もなければ、実際にやりたい分野のスキルもたかがしれている。

 

ホリエモンチャンネルという堀江貴文さんがやってる

You Tube番組でアシスタントを務めている寺田有希さんが

「お金メインにバイトをやるのは違う」と言う事を

おっしゃってた回がありましたが、まさにそれです。

 

しかも都心だとある程度時給が高いので、食おうと思えば食えます。

そうすると、余計に食えない芸能の世界が嫌になり、結果的に辞めます。

 

お金目的で芸能で成功した人がいないのは、お金を目的にしても

絶対に続かない世界だからです。

 

④クリエイティブな発想が出来なくなる

 

これは痛烈に感じます。

 

朝、満員電車に乗って、ブラック・スーツを着て、

昼の12時にどこも混んでる時間に昼休憩があって、

知能の低い上司の言いなりを聞いて、本当に意味があるのか?

という仕事を毎日ルーティンでして。。。

 

例え、時間の融通が聞く、バイトや契約社員という立場でも

こういう一般の人がやっている事を同じ様にやっていると

やがて思考も一般の人と同じになります。

 

芸術家というのは、ある意味、

社会不適合者でないといけません。

 

僕は仕事をフリーにしてから、お金は確かになくなってますが、

時間のコントロール力と作品自体の発想力はそうとう付いた気がします。

 

こんな事よく思いついたな。

 

過去の自分ではまず思いつかない様な事が浮かんでくるのです。

これは、ルーティンライフの中で暮らしてたらまず生まれなかったでしょう。

 

サラリーマンやOLというのは、昔で言うと軍隊と同じで

カルト教団の洗脳と同じです。

 

洗脳にかかったら最後。抜け出すのはそう簡単な事ではないです。

 

⑤時間がコントロール出来ない

 

夢を叶える上での一番重要な部分はお金もですが、

それよりも時間だと僕は思います。

 

企業に属するというのは時間を売って、その代わりにお金を

受け取るわけです。

 

いわば我慢料です。

 

毎朝同じ時間に起きて、同じ車両に乗って、

対して仲良くもない同僚や先輩に会って、能力のない上司に

媚びて、定時まで仕事をしているフリをして、家に帰る。

帰りも帰宅ラッシュで休む暇がない。

 

給料とは表向きの名前で本当は上記に書いてある様な

事を我慢した対価、そして、時間を売ってくれた対価として

払われるわけです。

 

しかし、時間をコントロール出来ないと

夢を叶えられる可能性は下がります。

 

コネ、金というのは生まれた境遇によって違います。

そこを使える人は使った方が良いでしょう。

 

しかし、そこが無い人が唯一他の人と対等なのが時間。

ここを武器にしていくわけです。

 

月に50冊読んでいる人が書く小説と

月に1冊しか読んでない人が書く小説、

天才なら別ですが、普通に考えればどっちの

書いた小説のクオリティーが高いかは一目瞭然です。

 

色々書きましたが、じゃあ、それをやるから、

その間、どう食っていきゃいいわけ??

 

は次回に。

 

 

 

 

 

【行ってみる】サウナー道 Vo3-スカイスパYOKOHAMAは人類が最後にたどり着く楽園-

サウナ、入ってますか??

 

先日、数年ぶりに横浜に降り立ちました。

目的はサウナーの中でも大絶賛されている

スカイスパYOKOHAMAに行く為です。

 

f:id:c_entertainment:20170519134107j:plain

 

まぁ、それに合わせてMacで作業もしてしまえ

という魂胆もあったんですけどね。

 

横浜の空気感はやはり好きです。

海が近いのか、都心とは随分違いますね。

 

スカイビルの14階に降り立ち、カウンターで受付です。

この日はメンズデーだったので、値段もお得。

(レディースデイもありますよ)

 

館内はとても綺麗です。

デートで来るのもアリなんじゃないですかね。

 

今回もいくつかに分けて、その素晴らしさを書いていきます。

 

①豊富なスパ、豊富なアメニティー類

 

ジャグジー系、寝転んで入るジャグジー系、低温系と

風呂は充実しています。高層階なので、寝転びジャグジーを

浴びながら、街が一望出来ますよ。

 

そして、アメニティーも素晴らしい。

 

特にシャンプー、リンス、ボディーソープとかが

女子力高いやつだった。

 

資生堂の非売品のやつも置いてあったけど

コラボとかしてるのかな。

 

風呂上がりの洗面台前のアメニティーもガーリーなやつ。

 

多分、女性のスタッフさんの意見とかだと思うけど、本来、

こういうスパ系&銭湯の洗面台にはトニックとかオッサン路線直行系が

多いので、僕個人はそういうお洒落なアメニティーがあるのは嬉しかったです。

 

②サウナ、そして、アウフグースの素晴らしさ

 

サウナはドライサウナと塩サウナという珍しいタイプの

ミストサウナでまぁ、このドライサウナはテレビもなく

夜は夜景が一望出来たりとまぁ、素晴らしい。

 

そして、1時間置きに行われるアウフグース

ドイツだとアウフグースフィンランドだと

ロウリュと呼ぶみたいですね。

 

これが半端なく汗が出る。アロマはこの日、オレンジでした。

香りも良い。

 

平日の昼間のサウナ室はほぼ満員。

 

18時からはエキストラ・アウフグースという

本来なら、アロマ水なのですが、そこを氷にして

熱をより長く持続させるスペシャル版みたいなのも

あったので参加。

 

これも強烈だったな。終わった後にドリンクサービス

もあります。

 

昼間と夜で雰囲気も随分違います。

 

終わった後、即、汗を流して、水風呂へ。

16℃の丁度好きな温度。

 

その後、休憩しますが、ここが素晴らしくて

みなとみらいの景色が一望出来る場所があるんですよ。

 

ここでサウナ・トランス状態になると、死んでも悔いはないというか、

無事に成仏出来るだろうなという悟りの境地にまで達します。

 

トップクラスのサウナを味わえますよ。

 

③レストランの充実度、15時からは特にお得!

 

風呂上がりは勿論、キンキンに冷えたビールですよね。

 

館内のレストランは作業も出来るスペースになっており、

電源もちゃんと2口あります。

 

平日限定だと思うけど、15時〜18時までは

ビールとか半額でした。

 

ここで、キムチチゲ鍋とビールで一発やりまして、

Macで作業。途中またビールを頼んで、作業。

 

はっきり言って、会社で会議やるなら、ここで

やった方が絶対良い!!

 

やはり、血行が良くなってるのか、アイディアが出る頻度や

作業速度の上がり方がハンパないんですよね。

 

レストランの店員の人は可愛い人ばかりでした。

 

④館内どこでもWi-Fi。速度問題ナシ。

 

さっきのレストランでの作業もそうですが、館内

Wi-Fi整ってます。よく重かったり、繋がりずらかったり

するとこもあるんですが、ここは完璧。

 

もはや、ここまで来るとスパ施設というより、

オフィス&スパ&サウナ的な存在でもあります。

 

作業をして、疲れたら、サウナ。

そして、また作業。

 

勿論、休憩スペースで寝ても良い。

 

僕はTVKでピーリーグという女子プロボウラー

の番組を観てましたw

 

===================================

 

13時過ぎに入って、退出したのは22時少し前。

 

正直、ここまで完璧だとこの先、何処を改良していくんだろう??

というレベルで凄いスパだった。

 

今までいくつか行きましたが、原段階で僕の中ではトップクラスです。

 

サウナ王の太田さん、サウナーの聖書(バイブル)でもある

サ道を描かれたマンガ家のタナカカツキさんも大絶賛していた

理由が行ってみるとよく分かります。

 

この先、スカイスパYOKOHAMAが更に発展して行ったら

ここに勝てる施設なんか、この世になくなるんじゃないか?

とも思う。

 

そうあって欲しいし、維持するのも大変だと思いますが、

これからもサウナーの<最後の楽園>であって欲しいです。

 

来月、また行くのが楽しみ。

 

横浜駅近 スパ&サウナに岩盤浴「スカイスパYOKOHAMA」

 

 

 

 

【やってみる】もし、村上春樹がカブキラウンジでの脇田もなりのイベントに参加してレポを書いたら〜カブキ・ラウンジ・ダーク〜

<<PM 20:00>>

 

目にしているのは、歌舞伎町の街の姿だ。

 

f:id:c_entertainment:20170514024014j:plain

 

私たちはその光景を上空から見ている。

金曜日の夜の歌舞伎町はひどく人に溢れている。

ネオンがギラギラと光り、歩くのも一苦労である。

居酒屋の呼び込みやら、出勤前のキャバ嬢やら、出会い系

カフェから出てくる男女やら、外国人観光客やら。

あらゆる人が夜の歌舞伎町を歩き、夜の歌舞伎町へ消えてゆく。

 

私たちは【カブキラウンジ】の店内にいる。

 

ビルの5階にあるそのバー・イベント・スペースは

既に人に溢れ、会社帰りのサラリーマンや自営業らしいラフな

格好の男性などが笑い合い話をしている。

 

バー・カウンターにいる一人の男性に私たちは

視点を向ける。黒のボタン・ジャケットに黒のTシャツ、

オリーブ・グリーンのチノ・パンツに白のテニス・シューズ

という格好だ。足下には、黒のリュック・サックが置かれている。

 

その男性はモヒートのグラスを手にしながら、スマート・フォンをいじっている。

 

スマホをポケットにしまうと、そのモヒートの葉の形を

様々な角度から点検したりしている。

 

「もなりちゃん、21時すぎみたいですね」

 

バー・カウンターにいるショート・カットの女性が彼に声をかける。

黒のTシャツにブルージーンズという格好の彼女は客からの注文や

入り口から入ってきた客の対応に追われている。

 

「そうみたいだね、僕もツイートを見て知ったよ」

 

彼はそう言うと、モヒートをまた一口飲んだ。

 

<<PM 20:45>>

 

店内ではDJがシティ・ポップAORといった

ジャンルを流し続けている。

 

僕はツイッターで、もなりがカブキラウンジに到着するまで

いくぶんかの時間がかかる事を知った。

 

モヒートを飲み終わると、バーの中にいる彼女に

サイド・カーを注文した。

 

サイド・カーのグラスを持つと、テラス席に出て

夜の歌舞伎町を上から見下ろした。

 

あらゆる欲望が渦巻くその光景を見ながら、僕は

もなりが無事に到着出来るかを考えていた。

 

<<PM 21:15>>

 

店内はほぼ身動きが出来ないほどの人の数になっていた。

 

DJはレコードをかけ続け、今、かけているレコードのジャケットを

CDJの前に立てかける作業をしていた。

 

随分と骨の折れる事をしているなと僕は見ながらひどく感心していた。

 

エスペシアの曲が流れるとブース前にいるファンは湧いていた。

 

僕はマイク・スタンドを見つめながら、もなりの到着をただ待っていた。

 

<<PM 21:30>>

 

人をかきわけながら、一人の少女が歩いてきた。

もなりだった。

 

前に会った時より、いささか髪が伸びた気がしたが

その笑顔は世界を変えてしまうほどの美しさだった。

 

もなりはマイク・スタンド前に立つと

「凄い人。まるでウッド・ストック・フェスティバルみたいね」

と言い、1曲目のトラックがスピーカーから流れ始める。

 

もなりのライブが始まった。

 

<<PM 22:00>>

 

もなりはレコードになってない曲も含め、歌い続ける。

 

中盤にはシティポップの名曲でもある

「IN THE CITY」を披露した。

 

リリック・スピーカーと呼ばれる機材を使い

もなりの後ろのスクリーンにはIN THE CITYの歌詞が映し出されていた。

 

もなりのパフォーマンスは前よりも格段に良くなっており、

僕はひどく感心しながら、そのサウンドに身体を委ねていた。

 

「時間が過ぎるのなんてあっという間ね。まるで、遠距離恋愛

している2人が久々にデートをしているみたいに。次が最後の曲よ」

 

もなりがそう言うと、フロアは一斉に時間をもっと伸ばそうと

声を上げた。まるで、学生運動に身を投じるみたいに。

 

もなりは微笑みながら、

最後のBoy Friend-Extended mix-を歌い始めた。

 

もなりとフロアはコール・アンド・レスポンスを

し合いながら、そのかげかえのない時間を共有し合った。

 

曲を歌い終えるともなりはスタンディング・オベーション

拍手を送られながら、物販のブースへ移動して行った。

 

<<PM 22:30>>

 

僕はカブキ・ラウンジを出るとエレベーター

に乗り、1階まで降りた。

 

もなりはこの後、夜中に別イベントに出演するという事で

僕は参加を迷ったが、また改めてもなりに会いに来る事を

決め、会場を後にした。

 

23時近いというのに、相変わらず歌舞伎町は

人で溢れ返っていた。

 

スーツ・ケースを引きずりながら歩く女の子たち。

ギャル2人組をナンパする男達。

 

そんな人混みをかき分けながら、僕はリュック・サックを

背負い直し、行きつけのラーメン屋でもある「神座」に向かった。

 

もなりの笑顔を思い浮かべながら。

 

WAKITA MONARI in Shinjuku Kabuki Lounge

 

1.LED 

2.Est Est Est

3.赤いスカート

4.IN THE CITY

5.あのね、、、

6.Boy Friend-Extended mix-

 

村上春樹風なのでMC内容など実際と異なります。ご了承ください。

 

www.monariwakita.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【行ってみる】サウナー道 Vo2-ザ・ベッド&スパ所沢は今、最も熱いサウナ施設!-

ここ最近、所沢にあるザ・ベッド&スパさんによく行く。

 

最初に行ったのが、去年だったか、今年の元旦

だったか忘れてしまいましたが、定期的に整いに行ってます。

 

家が近所というのもあるんですけどね。

 

ここは日本サウナ&スパ協会認定店になってまして、

サービス面、施設内容と凄く充実しております。

 

いくつか挙げてみたいと思います。

 

①サウナ&スパの充実度

 

フロント手続き後、上の階に上がり、ロッカーで

全ての服を脱ぎ捨てれば、サウナ&スパの入り口です。

快楽の始まりでもあります。

 

正面にローマ風呂、ケロサウナ、地獄ロウリュでお馴染みのミストサウナ、

13℃〜シングルの水風呂、ジャグジー風呂、露天風呂と幅広く揃っています。

あかすりやシャンプー・身体を洗うブースも広々です。

 

僕はその日によって、どう回るか決めています。

 

ケロサウナは日本でも珍しく、長めに入れるし、汗もよく出ます。

地獄サウナは最初、戸惑ってましたが、入ってしまうとスパイシーな成分が

空気中に漂っていて、凄く気持ちいいです。

 

水風呂13℃は平均17℃〜18℃の水風呂で考えると

キンキンになってまして、上級者向けでもありますね。

 

凄まじく冷たいw

 

金・土は地獄ロウリュが行われ、デスソース(実態は行って確かめて下さいw)

を撒かれながらのエンターテイメントになっており面白いです。

 

露天風呂も週末はイベント・バージョンになっており、

バレンタインにはチョコレート風呂(実際にチョコを使ったらしい)

をやったりと中々、パンキッシュな企画を開催しており、

個人的にとても好感を持っています。

 

西武線の音を聴きながらの露天風呂は最高ですね。

昼間と夜で雰囲気も違いますし、晴れている日と雨の日も

また雰囲気が違うので、楽しめます。外気浴も出来ます。

 

僕のオススメはローマ風呂!

不感温度バイプラと呼ばれており、ジャグジータイプなので

もう永遠に入れるぐらい気持ちいいです。

 

僕はここに入りながら、今の作品作りの事を考えたり、

好きな女の子の事を考えたり、今後の自分の人生の身の振り方を

考えたりしています。これ、3時間とか普通に入れると思うw

一度試して頂きたいです!

 

岩盤浴がある!

 

メンズ専用の岩盤浴というのは珍しい。

しかも、無料!入り口に水分補給用の水もあり、

サウナ&スパとは別にここでも汗を流せます!

 

③お酒&料理メニュー充実

 

風呂上がりはやはり、ビールですよね!

ここはキンキンに冷えたエクストラ・コールド、

アサヒ・スーパードライが出てきます。

 

おつまみ〜麺類〜ご飯モノと中身も充実しています。

豚キムチ定食なんかは試してみたいなと思います。

 

漫画や本類も多ジャンルあります。

 

僕のオススメはビールにおつまみを数種類から2種類まで

選べるおつまみセットですね!風呂上がりにここで作業がてら

おつまみセットを頼んでます。

 

頭が冴えてると色々捗るんですよね。

 

④リラックス・ルームもいい感じ!

 

カプセルホテル以外のスパ利用の方がメインに

いますが、ここも良いですね。ここからフード&ドリンク類を

頼んだりも出来ます。

 

しかし、この数年で色々カプセルホテルやサウナやスパを

巡っていますが、あのシートの後頭部あたりに埋め込まれている

スピーカーは凄いですね。最初は凄く驚いた記憶があります。

 

気がつくと寝てる感じですよね。

リラックス出来ます。

 

⑥バリエーション豊富な企画が行われている!

 

週末、毎月の決まった日と色々なイベントが行われています。

さっきのチョコ風呂もそうですが、ホワイトデーのミルク風呂、

29日(肉の日)は唐揚げ一個サービスなど。しかも中々、通な

イベントを開催しています。サウナー上級者も食いつく感じですね。

G.Wまっただ中の現在は下記の様なイベントが行われます。

ロウリュは毎日開催ですね。僕もこの連休中にまた行きたい。

 

ここを題材にした「THE SAUNA!」という短編も書きました。

載せておくので、合わせて読んでみて下さい!

 

所沢ベッド&スパ!本当にオススメです!

 

f:id:c_entertainment:20170501000027j:plain

 

bed-spa.jp

estar.jp

【行ってみる】サウナー道 Vo1-新宿・テルマー湯の良さ&改善して欲しい点-

サウナ、スーパー銭湯、温泉などの入浴施設

がとても好きで、近年、サウナーと呼ばれる人達が注目

されていたりします。

 

その施設に行き感じた事を書く【サウナー道】を

不定期で更新したいなと思います。

 

昨夜の事です。

 

作業がてら、前から気になっていた新宿にある

テルマー湯さんにお邪魔してきました。

 

f:id:c_entertainment:20170426201051j:plain

 

場所で言うと、新宿区役所まで行き、そこから

ゴールデン街方面に行きます。

 

そこをくぐり抜けると、吉本興業の東京支部があり、

ほぼ、その前にあるのがテルマー湯です。

 

良かった点ともっとこうして欲しいを

分けて書きます。

 

先に言いたいのはdisってるわけではなく、

こうすればもっと行きたくなる!という気持ちで

書いてますのでその辺、ご理解頂ければと思います。

 

【良かった点】

 

①施設が綺麗

 

やはりまだオープンして数年という事もあり、入り口から

とにかく綺麗です。地下〜4階〜屋上と全てが綺麗で、

どのフロアも良い香りがします。(フロアごとに香りが違うらしい)

女性の方をメインターゲット層にしてるとは思いますが。

充分納得の綺麗さです。ロッカーの数もハンパない。

 

②風呂場がデカい

 

ジャグジー、露天風呂、日替わり湯、サウナなど

色々楽しめて、キャパもかなりデカい。土日とかは

分かりませんが、平日は時間帯によっては

貸し切りレベルの居心地を味わえそうです。シャンプーやリンスも

かなり品質がいいですし、アメニティーも充実しています。

昨日の日替わり湯はりんごの湯でしたが、リンゴと生姜が

ミックスされており、ピンクっぽい色のお湯になってまして

入りましたが香りが良くてポカポカしました。

 

③リラクゼーションの規模もハンパない

 

男女兼用、女性専用とリクライニングシートや

ソファーなどがあるフロアもとにかくデカく

風呂上がりもゆっくりできそうです。

地下のリクライニングシートは結構新型のやつで

質が良かったです。

 

④サウナの温度と水風呂の温度が丁度いい

 

これは個人的な感覚ですが、僕は今まで色々、入浴施設

に行く中でサウナの温度と水風呂が身体にとても合ってました。

昨日は3セット(サウナ→水風呂→サウナ)やりましたが

整いましたね。非常に気持ち良かったです。

 

Wi-Fiが飛んでる

 

近年の入浴施設の発展は凄いモノがあります。

極論、パソコンで仕事をやっている方(これは俺も入る部類ですが)

はこういう場所が一番、捗ると思います。

テルマー湯はWi-Fiがどのフロアも飛んでるので、

仕事して、疲れたら入浴、そしてまた仕事も可能なので

効率よく進むかなと思います。

 

⑥時間制限がない

 

サウナ、スーパー銭湯などは時間制の所が多いです。

が、このテルマー湯は時間制限がありません。

(深夜1時から追加料金がかかります)

なので、何時間でもいれるのは最高だなと思います。

11時オープンから夜までいたっていいわけで

短編とかなら、一作品ぐらいここで書き終わるなとも思いましたw

音楽の作業もミックスダウンとか、DJ系のリミックス作業とかも

進みそうですよ。

 

【改善して欲しい点】

 

①値段が高い

 

もうこれが一番ですね。

当初は入館料2800円代が今は2300円ぐらいですが

立地を考えれば仕方ないというのは重々承知ですが、

やはり高い。行って数ヶ月〜半年に1回ぐらいかなと。

そして、館内の食事、サービス系もやたらと値段が高い。

唐揚げ定食1600円はさすがに言葉が悪いですが、

「これ、誰が頼むんだ?」と思いました。

サウナーとしてはロウリュが有料(800円弱ぐらい)

というのも首を傾げてしまいました。岩盤浴とその別途料金を

払った人だけが入れるブースもあるんですが、それを含めて

考えてもやはり高い。なんとかならないのか?と思ってしまいます。

 

②コンセプトが分からない

 

昨夜はここに5時間ほどいましたが、いる中で

ふと思ったのが、この施設のコンセプトは一体なんなんだろう?

という事です。地下にも上の階にもリクライニングシートの

休める所がありますが、そこが凄く似てるんですよ。

なら、それ、一ヶ所にまとめて、別の付加価値を作った方がいい

気がします。(例えばPCデスクのあるビジネス・ルームなど)

マッサージ系も地下、上の階とあり、どれがどう違うかの説明も

全くないので、利用する事は永遠にないかなと思いました。

後は、屋上のVR等で遊べる屋上ブースですね。

ここも有料なんですが、お客さんが一人もいませんでした。

施設の綺麗さ、女性を大事にする姿勢を考えるとターゲット層は

女性だと思いますが、そうなると、大学生向けみたいな屋上ブース

はなんなんだろ?と思ってしまいます。これなら、クローズしてしまった

新宿グリーンプラザの<もろオッサン向け>という方がよっぽど

分かりやすい気がするんですよね。何と言うか、美味しくないけど

内装にやたら凝ってる飲食店みたいな印象ですね。

 

③作業スペースが欲しい

 

これはテルマー湯に限った事ではないんですが、作業スペースの

机・椅子が本当に欲しい。後は電源でしょうか。上記に書いた様な

ビジネス・ルームがあれば、それだけで結構注目を集めそうな気がします。

 

④リピート率が低そう

 

上記の点、特に値段の面で言えば、ここのリピーターになるのは

一定の高収入がある人に限られると思います。僕はスーパー銭湯

サウナ、カプセルホテル系は値段が安い、なのに、こんなに施設

が充実してる!という所に凄く惹かれているので、その考えとは真逆

なんですよね。確かに施設のクオリティーを考えれば、妥当、もしくは

安いのかもしれませんが、問題はリピーターがどれだけ増えるか?

にかかってると思うので(新宿の入浴施設って貴重なんですよ)

考えて欲しいです。それこそ、吉本が前にあるなら、芸人割、クリエイター

割とかあれば、Youtuberとか、芸人さんとか、彼等、彼女達はインプット

とアウトプットが凄く上手いので、宣伝してくれると思うんですよ。

このまま行くと、閉店もありそうなので、値段はマジで検討して欲しい。

 

とまぁ、書いてきましたが、一度は行ってみても

良いかなと思います。あれだけの規模も中々ないので。

 

【公式】東京新宿の温泉:テルマー湯